scroll

部位別症状:

鵞足炎
鵞足炎の症状と治療

このページでは、鵞足炎の症状と治療を紹介しています。

目次

    鵞足炎の症状

    鵞足部とは、膝関節の内側のことです。
    膝関節から5センチ程度下の脛骨(すねの骨)の内側に痛みが生じます。
    鵞足(がそく)とは、3つの筋肉の腱(縫工筋・薄筋・半腱様筋)が骨に付着する場所です。
    付着部の外見がガチョウ(鵞鳥)の足に似ているという理由で鵞足という名前がつけられています。
    スポーツで走ることがある方は、接地時に鵞足部につんと来るような痛みを自覚することが多いですが、膝の屈伸時に引っかかるような違和感も出ることがあります。
    初期は動かし始めに違和感があっても、ウォーミングアップされて温まると楽になり、繰り返しの動作でまた徐々に違和感が出てきます。
    症状が進行すると、温まっても違和感が消えず、練習の後半に痛みになって練習を中断するようになり、さらに進行すると、ウォーミングアップ後も痛みや引っ掛かりがなくならず、練習ができないという状態になります。

    鵞足炎の種類は大きく2つあります。

    1つ目は「鵞足滑液包炎」と呼ばれています。
    鵞足を構成する3つの筋群が脛骨にくっついている場所で摩擦を減らす働きをしているのが、「鵞足滑液包」です。
    3つの筋群が硬くなってしまうと、鵞足滑液包との摩擦による負荷が強くなってしまい、炎症反応が起きます。
    この症例では膝関節の内側から大体5cm程下あたりの鵞足部に痛みが出現します。

    2つ目は、鵞足を構成する3つの腱が硬くなり、脛骨の内側で筋との摩擦が生じ痛みが出るものです。
    この症例では膝関節の内側に痛みが出てきます。

    鵞足炎のチェックリスト

    • 膝内側あたりの痛み
    • 膝内側あたりのつっぱり感
    • 膝内側の腫れ
    • 膝内側の熱感
    • 膝の曲げ伸ばしで痛い
    • スポーツ後の膝内側の痛み
    • 圧痛(押すと痛み)がある

    鵞足炎の原因

    鵞足炎の原因としては大きく以下の3つがあります。
    ①膝関節の骨の配列不良(ねじれが生じている)
    ②股関節、足関節の可動域低下
    ③Knee in toe out(ニーイン トゥーアウト)=つま先に対して膝が内側に入る動き

    このように鵞足炎の原因は様々ですが、特に問題として大きいのは、
    膝関節の骨配列不良」があります。


    大腿骨(太ももの骨)に対して脛骨(すねの骨)が外に捻れてしまうと、鵞足を構成する筋肉に伸張ストレス(伸ばされすぎてしまう)が過剰に加わり、これが「滑液包の炎症」や「腱の摩擦障害」につながります。

    ランニング、日常生活での歩行などでこのKnee in toe outになっていると、膝のねじれが助長されてしまいます。

    鵞足炎の治療

    1.エコー検査で炎症反応があるかどうかを調べ、物理療法を行います
    エコー検査では組織に炎症反応の有無を調べることができるので、炎症反応があれば物理療法を行います。

    ジール整骨院では、物理療法として「超音波治療」と「電気治療」を同時に行えるコンビネーション治療器をご用意しております。
    2つのエネルギーを同時にアプローチすることによって、より効果的に効率の良い治療が可能になります。
    特に急性期では痛みが強いため、はじめはコンビネーション治療を行いある程度炎症がおさまってから積極的な治療をすることが多いです。

    【超音波治療】
    ・慢性期
    超音波治療器の温熱作用を用いて、関節包、靱帯、筋膜にアプローチします。
    局所の血流増大や拘縮緩和の効果があり、機能改善が期待できます。
    ・急性期
    超音波治療の非温熱作用(ミクロマッサージ作用)を用いて、炎症物質の抑制による鎮痛と、細胞の治癒促進の効果があります。
    慢性期にも利用できます。
    【電気治療】
    ・ハイボルテージ(高電圧低周波)
    組織の深くまで届く電流刺激で、高い鎮痛効果や腫れを抑える効果があります。
    ・マイクロカレント(微弱電流)
    毛細血管の血流を高め、発痛物質を除去します。細胞の代謝を上げ、組織の修復促進の効果があります。
    ・EMS
    電気刺激で筋を動かし、血流改善と筋の柔軟性を回復する効果があります。
    筋緊張の緩和をする場合は中程度の強さ、筋力増強をする場合は強出力で通電をおこないます。

    2.膝周辺の筋肉などの柔軟性・滑走性を改善
    炎症がある程度収まってきたら、鵞足を構成する筋肉である縫工筋・薄筋・半腱様筋の柔軟性を出すために筋マッサージやストレッチを行います。
    日常生活やスポーツで特にこれらの筋肉に負担がかかる動きをされている方は、ご自宅でのケアとしてストレッチ方法をお伝えしています。

    3.鵞足に負担がかからないようにするため、膝の骨配列を整える
    ☑︎鵞足を構成する筋肉の柔軟性向上
    ☑︎鵞足の負荷を減弱する為の運動療法
    まずエコー検査で炎症反応があるかどうかを調べます。
    また姿勢分析、動作分析により鵞足に加わっているストレスを検討し動きに良好な変化を出すことにより、患部への負担を減らしていきます。
    動きに変化が出れば局所の摩擦が少なくなる為、再発予防につながります。

    まとめorさいごに

    鵞足炎は、痛みがいったん消えてもスポーツや負担のかかる運動を再開すると再発を繰り返しやすい疾患です。
    再発や長期化を予防するためには、鵞足炎の根本的な原因を明らかにし、そこから改善しなくてはなりません。
    動作の癖や脚の姿勢、筋肉の硬さなどをしっかり検査し、正しい動作や姿勢を身に着けることが大切です。

     scroll

    arrow
    Rate plan 料金プランについて
    arrow
    Professional Staff 専門部位スタッフ
    back
    無料オンライン診断

    肩・腰・膝の痛みでお困りの方
    症状を選んで1分で診断
    痛みが和らぐ応急処置がわかる

    Sign up 新規登録

    無料のライン公式アカウントにご登録いただくと、
    公式アカウント限定のお得な情報の他最新の記事情報もいち早くお届けいたします。

    Access 泉田院へのアクセス方法

    〒700-0944
    岡山県岡山市南区泉田3丁目2-31

    TEL086-265-7314
    PAわたなべ生鮮館の駐車場をご利用いただけます

    泉田院診療時間
    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
    • ※ 土曜・日曜・祝日も営業しております
           
    Access 東山院へのアクセス方法

    〒703-8275
          岡山県岡山市中区門田屋敷2丁目2-19-1F

    TEL086-265-7314
    PA3台

    東山院診療時間

    営業日

    09:30〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
    Access 倉敷院へのアクセス方法

    〒710-0833
    岡山県倉敷市西中新田621−4

    TEL086-265-7314
    PA6台

    倉敷院診療時間

    営業日

    09:30〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
           
    Access 玉野院へのアクセス方法

    〒706-0001
          岡山県玉野市田井3丁目1188−1

    TEL086-265-7314
    PA3台

    玉野院診療時間

    営業日

    09:30〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
    LINEで予約 ホットペッパービューティーで予約