scroll

部位別症状:膝

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)
膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の症状と治療

  • 岡山ジール整骨院
  • 岡山ジャンパー膝治療
  • 岡山膝が痛い整骨院
  • 岡山膝の痛み治療
  • 岡山膝蓋靱帯炎整骨院
  • 岡山膝蓋靱帯炎治療

このページでは、膝の症状の一つである膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の症状と治療方法を紹介しています。

目次

    膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の症状


    ジャンプや着地、長距離走行した際などに生じる膝蓋腱部(膝のお皿の下あたり)の痛みです。

    膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)のチェックリスト

    • 膝のお皿の下が痛い
    • ジャンプ競技をしている
    • スクワット動作で膝が痛む
    • 膝の痛みで思い切って跳べない
    • 膝の痛みでしゃがめない
    • 膝の痛みで全力で走れない

    膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の原因


    ジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのキック動作やダッシュ、走る動作を繰り返したりして、膝に大きな負担を加え続ける事で発生するスポーツ障害です。
    骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、結果的に筋肉が硬い状態になり、その負担が膝蓋靭帯に蓄積して発生します。

    膝蓋靭帯に負担をかける原因は以下のようなものがあります。
    ・大腿四頭筋の柔軟性低下
    ・股関節、足関節の可動域性制限
    ・膝を曲げる際の体幹の位置不良
    ・姿勢の悪さ


    特に「ニーイン・トゥーアウト」という膝が内側に入ってしまうような動きをしていると、膝蓋腱の内側に伸張ストレスが過剰に加わり炎症を引き起こすことになります。

    膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の治療

    ①超音波エコー

    ※超音波エコーは泉田院のみに設置しております。ご希望の方はお問合せください。
    超音波エコーでは
    ・組織の炎症の有無
    ・筋肉や腱の動き

    を確認することができます。

    炎症がある場合は局所の積極的な治療を控えたり、アイシングをしたりなど効果的に治療をすすめることができます。
    筋肉、腱の動きを確認することで、組織の癒着の有無や、筋肉を使えているかどうかを調べることができます。
    治療の前後で状態がどう変化したかが分かりやすくなります。


    ②超音波+電気治療

    ジール整骨院では、物理療法として「超音波治療」と「電気治療」を同時に行えるコンビネーション治療器をご用意しております。
    2つのエネルギーを同時にアプローチすることによって、より効果的に効率の良い治療が可能になります。
    【超音波治療】
    ・慢性期
    超音波治療器の温熱作用を用いて、関節包、靱帯、筋膜にアプローチします。
    局所の血流増大や拘縮緩和の効果があり、機能改善が期待できます。
    ・急性期
    超音波治療の非温熱作用(ミクロマッサージ作用)を用いて、炎症物質の抑制による鎮痛と、細胞の治癒促進の効果があります。
    慢性期にも利用できます。

    【電気治療】
    ・ハイボルテージ(高電圧低周波)
    組織の深くまで届く電流刺激で、高い鎮痛効果や腫れを抑える効果があります。
    ・マイクロカレント(微弱電流)
    毛細血管の血流を高め、発痛物質を除去します。細胞の代謝を上げ、組織の修復促進の効果があります。
    ・EMS
    電気刺激で筋を動かし、血流改善と筋の柔軟性を回復する効果があります。
    筋緊張の緩和をする場合は中程度の強さ、筋力増強をする場合は強出力で通電をおこないます。


    ③徒手療法

    炎症が治まってきたら、体幹・股関節・足関節などの可動域を改善するために筋マッサージや関節モビライゼーションなどを行います。


    ④テサポーター
    キネシオロジーテープという、伸縮性のあるテープを使ってテーピングを処方します。
    膝の動きをサポートしたり、痛みを出にくくする効果があります。
    ※皮膚がかぶれやすい方は、スタッフへご相談ください。
     かゆみや違和感を感じられた際はすぐにはがしてください。



    ⑤運動指導

    運動時、膝関節の曲げ伸ばしの軸がずれ、膝蓋靭帯に負担がかかってしまっている事多いので、足関節、膝、股関節、骨盤の動かし方などの運動指導を鏡を使って行います

    ジール整骨院では、やり方を忘れず、実践しやすいという考えから、ストレッチやエクササイズのやり方を患者さまのスマホで撮影していただくことを推奨しております。
    やってみたいストレッチやエクササイズがありましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。

    ⑥サポーター

    膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の方でサポーターが有効と思われた場合は膝用バンドもおすすめしております。
    【膝用サポーターについて詳しくはこちら】

    まとめ

    膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)は、症状の軽い状態であれば
    「運動後痛むが、運動の継続は可能」な程度ですが、
    症状が進行すると
    「運動開始後は痛みがあり徐々に和らぐが運動を継続すると痛くなる」というようになります。
    この状態を放置すると「運動中に痛みが強く、パフォーマンスに支障が出る」状態になってしまいます。

    部活などスポーツを休みたくないからと無理をしていると、悪化して治療に時間がかかり、結局長期間休養が必要になってしまいます。
    ぜひ早めに受診して、治療をして大好きなスポーツを楽しみましょう!
    参考:【膝痛のまとめはコチラ】

    • 岡山ジール整骨院
    • 岡山ジャンパー膝治療
    • 岡山膝が痛い整骨院
    • 岡山膝の痛み治療
    • 岡山膝蓋靱帯炎整骨院
    • 岡山膝蓋靱帯炎治療

     scroll

    arrow
    Rate plan 料金プランについて
    arrow
    Professional Staff 専門部位スタッフ
    back
    無料オンライン診断

    肩・腰・膝の痛みでお困りの方
    症状を選んで1分で診断
    痛みが和らぐ応急処置がわかる

    Sign up 新規登録

    無料のライン公式アカウントにご登録いただくと、
    公式アカウント限定のお得な情報の他最新の記事情報もいち早くお届けいたします。

    Access 泉田院へのアクセス方法

    〒700-0944
    岡山県岡山市南区泉田3丁目2-31

    TEL086-238-9862
    PAわたなべ生鮮館の駐車場をご利用いただけます

    泉田院診療時間

    営業日

    09:30〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
    • ※ 土曜・日曜・祝日も営業しております
           
    Access 平井院へのアクセス方法

    〒703-8282
    岡山県岡山市中区平井3丁目1082-1

    TEL086-238-9862
    PA8台

    平井院診療時間

    営業日

    09:00〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
    Access 倉敷院へのアクセス方法

    〒710-0833
    岡山県倉敷市西中新田621-4

    TEL086-238-9862
    PA6台

    倉敷院診療時間

    営業日

    09:30〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
           
    Access 玉野院へのアクセス方法

    〒706-0001
          岡山県玉野市田井3丁目1188-1

    TEL086-238-9862
    PAわたなべ生鮮館の駐車場をご利用いただけます(20台以上)

    玉野院診療時間

    営業日

    09:30〜12:00

    最終受付 11:30

    15:00〜20:00

    最終受付 19:30

    • ※ 予約優先制ですのでご予約お願い致します。
    LINEで予約 ホットペッパービューティーで予約